Bellona☆Smile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

誤診か医者にだまされたのか。

もう1ヶ月前の話なんですけどね、女性の皆さんは特にお気をつけあれ!ってことで。

2月の終わり頃に腰がすんごい痛くなった時があったんですよ。で、鍼行ったりして少し腰痛が和らいできたら、そいや下腹部も痛いなぁ。。。と気付きまして。

心配になってネットで調べてみたら、婦人科系の病気の不安があったんで、家の近くの産婦人科に行ったらエコーで「卵巣が腫れてる」って言われて、色々検査されてその次の週に結果聞きに行ったら、
「悪い腫瘍ではなかったんだけど、最近いい薬出てるから」って月9000円くらいする薬を処方されたんです。

「子宮内膜症ってことですか」って聞いたら「そうだね」って言われたんですよね

子宮内膜症って女性は聞いたことあるかも知れないですけど、

子宮内膜症という病気は、一言でいうと「子宮以外の場所にも子宮内膜が生育している病気」です。
生理って子宮内膜が剥がれ落ちて出血が起こるんですけど、それが、子宮以外にできるから、毎月、生理の度に内出血が起きて、しかもちゃんと生理のように排出されないんですよね。

妊娠できる人だったら、妊娠して生理を止めてしまうのが一番らしいんですけど、それが無理ならば、手術か、薬物療法になるんです。
手術すると、試合できなくなっちゃうんで、薬での治療になるんですが、昔はホルモンの作用で更年期障害のような副作用やうつになっちゃう人も多い劇薬が主流だったらしく半年っていう使用制限があったんですが、私が処方されたのは副作用は少ないけど、新しい薬だから高価らしいんです。
でも、そんな高価な薬を半年とか1年とか使うのって大変ですよね。。。

で、ちょうどその時、今回の4/5の試合の契約書が届いて先生と話してる時期で、もし、子宮内膜症なら試合できないかもしれないし、薬にしてももっといい選択があるんじゃないかってことで、先輩やそのお知り合いのお医者さんにも相談して、もう一回他の病院で診てもらったら、なんと
「卵巣も子宮も腫れてない」って言われたんです。

そこの病院は表参道で人気がある婦人科系のクリニックなんですけど、そこのお医者さんと話してたら、女性のこういう病気ってお医者さんがお金のために病気にしちゃうことがあるらしいんです。

最初の病院で素直に言うこと聞いてたら、子宮内膜症患者として高い薬代払って今も病気に苦しんでるはずなんですよね。。。

でも、今回、試合終わって予定通り来るもの来ましたけど生理痛もそんなにないし。。。(子宮内膜症だと生理痛がひどいらしい)
確実に子宮内膜症じゃないなって思います。

だからね。やっぱ少しでもおかしいと思ったら病院はしごするべきですね。

いい年なんで、保険とか考えようかなって思うきっかけにはなりましたけど、やっぱ病気じゃないって幸せなことですよね。

そんなこんなで今日は試合勝った時しか顔出せない『友』でみきちゃん&佑子さんと語らいました
tomo.jpg
スポンサーサイト

別窓 | 日記
∧top | under∨
| Bellona☆Smile |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。