Bellona☆Smile

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

小市民の朝

またですよ。

また会社に行く電車で火花散らしました。

練習道具でバッグが大きいんで、いつも車両の端に乗って壁にもたれてるんですけどね、
バカップルの片割れの女が一人分しか空いてない隙間に入り込んで来たんですよ。

ドア付近だし、上野とか秋葉原とか出入りが多いから、バカップルの男の方は当然乗り降りの邪魔になるわけです。

そしたら、その男。
一人分しか空いてないとこに入ってきた女(あんまりかわいくないギャル)
と離れないように私が存在してないかのように私を押し潰す。

「あんたらが二人並んでも邪魔にならんとこは他にあるだろ」

という心の声が舌打ちに変わっちゃったんでしょうねぇ。

そのバカップルの女、長いんで略すとバカ。
あ、だめですか?

その女性がね、彼とヒソヒソ話しながら、こちらをチラチラ見よるわけですよ。
ipod聞きながら本読んでたんで、何を話してるかは分からなかったんですが、


すると、こちらに向かって何か言い出しまして。
イヤフォンとって聞いてみたら、
「何かぶつかったりしましたか?」って申し訳なさげでもなく、高圧的に言われました。

男の顔見たら、彼女を止めるでもなく、普通に隣に立って私の返事を待ってます。

「えぇ!」
とだけ答えときました。
何か言われても200%言い返す自信はありましたけど。

その後もチラチラこっち見て何か言ってましたが、男も私の存在を認めてくれたようで、もう押し潰してこなかったんで、私も「坊ちゃん」を読み続けられました。

で、今朝はね、ジムにチャリ置くのに三ノ輪の商店街を通るんですけど、大きいトラックが道をふさいでおじさんとしゃべってるから誰も通れなくなっちゃってる訳ですよ。

知り合いが朝私を見かけても、
「めっちゃダッシュで急いでたんで話しかけられなかった」
ってほど、一生懸命チャリをこいで時間と戦ってるのに。

たぶん1、2分くらいしか待ってないんだけど、いい加減文句いってやる、
と思って運転手のとこに行きまして

「ちょっと!」

って言おうとして、やめました。

・・・めっちゃタイプだったんで。エヘ。

中学時代に好きだったサッカー部の子って感じです。

とりあえず、駅まで走って電車に間に合いました。

別にね、怒るのはクリスマスの曲とかイルミネーションにちょっとイラっとしてるせいじゃないよ。

あ、あと皆さんね、私がクリスマスに一人だという前提で話すの、やめて下さいます?
今は、仕事と練習の予定しかないだけです。
スポンサーサイト

別窓 | 日記
∧top | under∨
| Bellona☆Smile |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。